今更

「踏ん張れる」吉田氏の判断尊重 直接折衝の細野氏証言 福島第一原発事故

 

 

報道陣の質問に答える吉田氏(左)と細野氏=2011年11月12日、福島第一原発の免震重要棟、相場郁朗撮影

東京電力福島第一原発の事故に首相補佐官として対処し、吉田昌郎(まさお)所長(故人)との連絡役を務めた細野豪志氏が3時間近くにわたって朝日新聞のインタビューに応じた。原子炉が暴走する中で第一原発からの撤退に傾く東電本店と、現場に踏みとどまり食い止めようとする現場責任者の吉田氏の間に温度差を感じ、吉田氏の判断を尊重するべきだと菅直人首相に進言した経緯を詳細に語った。▼2面=証言、調書と符合

 

 

朝日新聞は、吉田氏が政府事故調査・検証委員会に答えた「吉田調書」の中で細野氏に言及した部分を提示し、インタビューした。細野氏は事故対応の取材にほとんど応じてこなかったが、事故から3年以上が過ぎ、「記憶の限界に来ている。そろそろ話さなければいけない」と考えていた矢先に吉田調書報道を見て、証言を決心したという。

 

細野氏が吉田氏と本店の間に最も温度差を感じたのは事故発生3日後の2011年3月14日夜、2号機原子炉に冷却用の水を入れられなくなった後だ。この時、細野氏は吉田氏から電話が2回あったと証言した。最初の電話は水が入らないことを伝えるもので、細野氏は「(吉田氏は)福島第一で作業できない状況になる可能性を示唆したと私は受け取った。完全に現場から撤退しなくてはならないと」と振り返った。

 

2回目の電話は水が入り始めたという連絡だった。細野氏が「頑張ってやっていただけますよね」と言うと、吉田氏は「大丈夫です。まだ頑張れる。現場の士気は衰えていない」と応じた。細野氏は「元の吉田さんに戻った」と思い、弱気になった1回目の電話の時と異なり収束作業をあきらめない強い意思を感じたという。

 

同じ時間帯、東電の清水正孝社長は海江田万里経済産業相に何度も連絡を取ろうとしていた。細野氏は海江田氏や枝野幸男官房長官から「東電は撤退したがっている」と聞いていた。

 

細野氏は「清水社長はじめ会社の方から撤退論が出た。吉田氏とニュアンスの違いがあると感じた」「吉田氏には、ここは踏ん張るしかないという腹の決め方があった。官邸も全面的に支援をすると決めた。問題は東電が現場をバックアップする腹があったかどうかだ」と証言。「東電社員で官邸にいた人はもはや打つ手がないという雰囲気だった」とも語り、現場の吉田氏と東電本店の間で撤退を巡る認識に大きな違いがあったことを明らかにした。

 

細野氏は吉田氏との電話を踏まえ、菅首相に「現場は踏ん張れる状況です。吉田氏の判断を尊重すべきです」と進言。菅首相は15日未明、清水社長を官邸に呼んで「撤退はあり得ない」と告げた。

 

その後、15日午前6時すぎに2号機の異変を伝える情報が入ったが、放射線量は上昇しておらず、吉田氏は午前6時42分、すぐに現場に戻れる第一原発構内での待機を命令。しかし所員の9割が命令に違反して10キロ離れた第二原発へ撤退したことが「吉田調書」で判明している。=肩書は当時

 

(木村英昭、堀内京子)

 

■「公開していい」

 

細野氏は自らも政府事故調の聴取に応じたことを認めた上、その内容を記録した調書を公開していいとの考えを示した。「政治家は歴史に対する責任がより重い」と語った。

 

 

「吉田調書」の報道を続けます。朝日新聞デジタルでは「細野証言」の詳報を2日(月曜日)に順次配信します。